敏感肌の方向けのクリーム

subpage1

ちょっとしたことですぐ赤くなったりヒリヒリしたり、何かとトラブルを起こしがちな敏感肌の方向けのクリームは、どのような商品を選べば良いのか、ご存知でしょうか?まず、肌が外部からの刺激に敏感になっている状態とは、肌に本来備わっているはずのバリア機能が低下した状態のことです。
肌には、表面近くに角層という部分がありますが、この部分が主に乾燥で荒れてしまうと、細胞と細胞の間に隙間ができてしまいます。

この隙間のため、外部からの刺激が肌の内部へと浸透してまい、赤みやヒリヒリを引き起こすのです。


また、肌の内部の水分が隙間からどんどん逃げていってしまうため、更に乾燥が進みがちです。このような敏感肌の方向けのクリームは、乾燥を改善できるよう、ヒアルロン酸やコラーゲンやセラミドなど、高保湿の成分を含んだものを選ぶことがポイントです。
特に、セラミドは、セラミド自身が水分と油分を抱え込んで保持しながら角層の隙間を埋める働きをする上に、コラーゲンを安定させる作用もあり、おススメです。

おすすめの敏感肌クリームの特徴をご紹介するサイトです。

また、敏感肌の方は、エタノールと表記されていることが多いアルコールや、パラベンなどの合成保存料などが入っているクリームは、避けた方が無難です。



合成着色料や合成香料などの化学物質が多く含まれている商品も、肌に負担をかけるかもしれませんので、なるべくパッチテストをしてから使用を開始するようにしましょう。


敏感肌の方がクリームを選ぶ時には、「肌が敏感な方向け」や「肌が荒れやすい方でも安心」などが明記してあると、商品選びの目安になります。